カテゴリ:映画&TV( 37 )

DVD~少女たちの羅針盤

a0082865_1313262.jpg

先日発売されたDVD「少女たちの羅針盤」を仕入れた。

8割が福山ロケのミステリー映画
今年の2月にこの映画の試写会に行き見終わってロビーに出たところを、たまたま広島のワイドショーのテレビ・インタビューを受けた際、「福山ロケで見慣れた風景が出て面白かった」「公開されたら家族を連れて見に行こうと思います」と言ってしまった・・・・・。

その場面をDVDにしてくれた友人が、我が家に持ってき女房も見てしまった。
お盆にでも行こうと思っていたが、8月はグラスへのエッチング1200個の注文が来て仕事オンリーの1か月だったため映画に行く暇もなかった。
女房と、お盆休みで帰省していた娘から「家族で行く映画はどうなった・・・・?」と。
そのため、このDVDを購入する羽目になってしまった。
ま、しかし見慣れた風景・見慣れた顔等が出ていたり、映画以外のメイキング等色々な映像が入っているので「良し」とするか・・・・・と自分に納得!

061.gif少女たちの羅針盤



ユーログラス工房エミヤ HP     まちなか情報室ぜっぴ HP
[PR]

by 123123ta | 2011-12-04 01:35 | 映画&TV | Trackback | Comments(0)

少女たちの羅針盤

a0082865_0375420.jpg

先日の17日、去年福山でロケをした「少女たちの羅針盤」(福山では4/23~、5/14~全国上映)の特別先行試写会がシネフク大黒座であり鑑賞してきました。

福山市長、商工会議所会頭、長崎俊一監督の挨拶後上映。
この映画は、2008年に福山出身の推理作家島田荘司さん主催の「第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の応募作品を映画化した作品。
ストーリーも過去と現在が、そして青春映画とミステリーが上手くミックスされた映画で、だんだんとのめりこんでいく。

長崎俊一監督といえば角川映画「死国」のホラー映画で多少ながら存じ上げていたが、福山を上手く舞台に素晴らしい映画に仕上げていただいたと思う。。
福山市内の商店街をはじめ、見慣れた福山の風景が舞台となっているため非常に福山を全国にPR出来る好感の持てた映画であった。
長崎監督曰く「今日見た映画の話は皆さんに話して下さい。しかし犯人が誰とは決して話さないで下さい!」と言う事で、映画の話はこれで終わり。

帰り際、一緒に行った商店街の理事長を探していたら、広島テレビからインタビューを受けるハプニングまであった。


ユーログラス工房エミヤ HP     まちなか情報室ぜっぴ HP
[PR]

by 123123ta | 2011-02-20 00:40 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)

ポール・マッカートニー・ライブ ②

a0082865_112152.jpg前回ブログの「ポール・マッカートニー・ライブ」を調べてみた。
2009年7月17・18・21日の3日間、ニューヨークのシティ・フィールド・スタジアム(旧シェア・スタジアム)に延べ12万人を集めてのライブ。
嬉しい事にCD+DVDのセットが発売されている(全33曲中20曲がビートルズ曲)。

WOWOWの1時間で演奏した曲は(青文字:ビートルズ曲
1.ドライブ・マイ・カー 2.ジェット 3.フレイミング・パイ 4.ゴー・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ 5.ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 6.ブラック・バード 7.ダンス・トゥナイト 8.バンド・オン・ザ・ラン 9.バック・イン・ザ・USSR 10.アイム・ダウン 11.ペイパーバック・ライター 12.死ぬのは奴らだ 13.ヘイ・ジュード 14.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 15.ジ・エンド
以上がWOWOWで放映された曲だが、CD+DVDのセットには、ビートルズ曲は
レット・イット・ビー、サムシング、デイ・トリッパー、イエスタデイ、ゲット・バック等が収録されている。
商品名が「Good Evening New York City」必見・必聴の価値あり!

060.gifヘイ・ジュード


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2010-07-03 01:05 | 映画&TV | Trackback | Comments(0)

ポール・マッカートニー・ライブ ①

この10日余り、一生懸命に当社(有)エミヤの1年分の帳面をしている。
本当は毎月やらないといけないのだが、毎年5月20日が決算日で、いつもチンタラチンタラして6月半ばころから尻に火がついたように必死でやっている。
何とか来週初めに税理士さんの所へ帳面及び各書類を持って行かなくては・・・・・税理士の先生、今しばらくお待ち下さい!

a0082865_0544766.jpg

先日、ブログ仲間で商売及び音楽の大先輩であるエキサイトブログart-hansのT社長さんのブログに、6月29日は1966年のこの日に来日したビートルズを記念してファンの間で「ビートルズ記念日」となっているらしい。

そこで、先日テレビのWOWOWで2009年7月の「ポール・マッカートニー・ライブ・イン・ニューヨーク・シティ」のライブを放映していて、HD録画をして今日やっと見ました。
1時間番組ではありましたが実に面白かった。
15曲の演奏中、10曲ぐらいがビートルズの曲、残りの曲もWINGS等の曲でアッと言う間の1時間でした。
詳しい内容等は、次回ブログで報告します。
また7月16日にWOWOWで再放送があるらしい。
これは永久保存版としてDVDにして楽しもう!


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2010-07-01 00:57 | 映画&TV | Trackback | Comments(0)

久々のビデオ視聴~1990年F1

a0082865_1392356.jpg

先日からビデオテープの整理をしていて、久しぶりにF1のビデオを見ました。
ここ何年かDVDばかりで本当に久しぶりのビデオ。
その久しぶりのビデオが1990年のF1総集編、前・後篇の2巻。

この年のF1は面白かった。
前年までチームメイトだったセナプロストが喧嘩別れして、マクラーレン/セナVSフェラーリ/プロストの構図、ホンダ・エンジン VS フェラーリ・エンジンでもあった。
結果的にはホンダ・エンジンのセナに軍配が上がったが、前年までマクラーレン・ホンダ一色だったのがここに来てフェラーリが台頭に戦えるようになり互角の勝負になった年でもあった。
他にも中嶋悟、鈴木亜久里、N・マンセル、N・ピケ等々個性的なドライバーで全戦楽しませてくれた本当に面白いF1の時代であった。

しかし、こういう事ばっかりしていると全然片付けにならない・・・・・また怒られそう。


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2010-06-18 01:40 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)

ザ・力道山

a0082865_0555587.jpg今日は、先日観た懐かしいビデオ「ザ・力道山」を・・・。
ビデオと言っても、20年ほど前にテレビ放映のあったものを録画したビデオです。

1983年に製作されたこの映画は、全編モノクロ画像で力道山の軌跡を振り返るドキュメンタリー映画です。
力道山と言えば、大相撲の世界からプロレス界に転身し、今のプロレスの基礎を築いた人物。
当時のニュース・フィルム、テレビ映像等で構成され見ていても非常に歴史的な映像だと思います。
力道山をはじめ、木村政彦豊登ジャイアント馬場シャープ兄弟ルーテーズ等々、懐かしいレスラーばっかり。
力道山とタッグを組んだ木村政彦、力道山の陰に隠れてあまり目立っていませんが、柔道界においては日本一の柔道家、日本プロレス界の師匠ルーテーズ・・・。
この日本プロレスを見るたびに街角の街頭テレビは人・人・人。

監督は高橋伴明、音楽はあの山下洋輔、とにかく懐かしいドキュメンタリー・ビデオです。


ユーログラス工房エミヤ~Yahooストア店
ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2009-11-25 00:57 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)

J・ベック×E・クラプトン(2007年)

a0082865_0595971.jpg

ちょうど今、2/21、22日は埼玉のスーパーアリーナでエリック・クラプトンジェフ・ベックの夢の共演ライブ、見に行けたファンがうらやましい・・・・。
行けないファンのためにか、20日の20時からあのNHKハイビジョンでジェフ・ベックのライブ・コンサートがあったのを見られましたか?
1曲ではありますがゲストのエリック・クラプトンとの共演、素晴らしいの一言。
a0082865_115516.jpg

2007年11月のロンドンのJAZZクラブ、「ロニー・スコット」でのライブ。
相変わらずのジェフ・ベックのギター・テクニック、さすがに「ギター職人」だけあるプレイ。
それと意外と面白かったのが、バックのベーシストで紅一点のタル・ウィルケンフェルド
当時まだ二十歳そこそこの彼女だが、常にベックを見ながら上手くジェフ・ベックを引き立たせているし、かなりの腕もある・・・・多分、一緒に来日していると思う・・・。
また観客もスゴイ。テレビにチラッとジミー・ペイジロバート・プラント、そしてテレビにこそ映ってはいなかったが、ブライアン・メイジョン・ボン・ジョヴィポール・マッカートニー等凄い。

映像に戻って、圧巻はジェフ・ベック&エリック・クラプトン、しかしこの映像を見たため、今回の来日コンサートに行けなかったのが残念でたまらない。
チャリティ・コンサートでの共演以外では、初めての共演ライブらしい。
クソ~ッ!神様と職人のライブ、見たかった~~!!

♪ジェフ・ベック&エリック・クラプトン♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2009-02-23 01:03 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)

グッバイ・ヒーロー~GRAND-PRIX REQUIEM

まだ腰が痛い!
今日(27日)、友人であり整体師であり商店街仲間のWさんが自宅まで来てくれ、テーピング、マッサージを30分くらいかけて治療してくれた・・・・・有り難い!!
おかげで多少なりとも痛みがとれたが、まだ時間がかかりそう。
やはり「ギックリ腰」だそうだ。有難うWさん!

a0082865_0594429.jpg今日は、F1ファン必見!1987年公開の映画「グッバイ・ヒーロー~GRAND-PRIX REQUIEM」のご紹介を。

以前、LDと並んでVHDという商品があったのをご存知でしょうか?
このVHDでこの「グッバイ・ヒーロー」を持っていたもので、何年か前にDVDレコーダーを購入した時、VHDからDVDにダビングしたものを久しぶりに観ました。(その後、VHDプレーヤーとVHDソフト10枚はYahooオークションで、そこそこの値段で落札してもらいました)

まず、この映画はイタリア・アメリカ・日本の合作映画で、音楽担当は矢沢永吉。彼の音楽がこの映画を盛り上げています。
1970年代から1980年代のF1を中心にモータースポーツのレース模様をカメラに収めたドキュメント映画です。
レースの名場面から、アクシデントによるドライバーの死の瞬間を克明にとらえられています。
九死に一生を得た名ドライバー「ニキ・ラウダ」のナビゲーションでジル・ヴィルヌーヴ、J・スチャワート、R・ピーターソン等往年のドライバー、A・プロスト、A・セナ、N・マンセルそして中島悟等も映し出されています。
悲惨な事故場面等は思わず目を塞ぐ場面も多々ありますが、素晴らしいドキュメント映画だと思います。

グッバイ・ヒーロー



ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2009-01-28 01:03 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)

007~ゴールドフィンガー

昨日(9/21)も福山では先日のゲリラ豪雨ほどではないにしろ、午前中によく雨が降っていました。
先日もテレビで言っていましたが、温暖化で今年は特にゲリラ豪雨の発生が高いそうです。

a0082865_137118.jpg先日友人から「007~ゴールドフィンガー」のDVDを借りて、何年ぶりかで見ました。

007シリーズにおいてこの「ゴールドフィンガー」と前作「ロシアより愛をこめて」、この2本が名作と言われていますが、確かにこの「ゴールドフィンガー」は面白い。
この映画で3代目のボンド・カー、そしてこのあと何台も続く「アストンマーティン」。
この車が一番ボンド・カーとして親しまれている。

この映画で一番の印象場面は何といってもタイトル通り、全身を金粉に塗った美女、実際、全身に金粉を塗ると皮膚呼吸ができず、命の危険があるため医師同行の撮影だったらしい。
よくダンスでも金粉まみれで踊っているダンサーがいるけど、大変ですね。
映画の主題曲もシャーリー・バッシーが歌って大ヒット・・・♪ゴ~ルドフィンガ~~・・・♪ってね。

しかし、007シリーズはどれを見ても近未来的なハイテク武器が登場して目を楽しませてくれる、そして美女も・・・・・。
娯楽映画としては最高のシリーズですね!

007~ゴールドフィンガー


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2008-09-22 01:38 | 映画&TV | Trackback | Comments(0)

ピンク・パンサー

a0082865_1372624.jpg今日は、コメディー映画「ピンク・パンサー」について書かせていただきます。

クルーゾー警部演ずるピーター・セラーズのドタバタ喜劇、ストレートなドタバタで大好きな映画です。
まったく使い物にならないクルーゾーだが、好運に恵まれ難事件を次から次へと事件を解決してヒーローになっていく。

個人的には、一番人気の「ピンク・パンサー3(1976年作)」が一番のドタバタで大好きですが、残念ながら1980年にピーター・セラーズが急死していしまいますが、死後も3作の「ピンク・パンサー」シリーズが出たのは立派!

ピンク・パンサーX(1982年)」~未公開の映像を編集して作った作品。
ピンク・パンサー5~クルーゾーは二度死ぬ(1983年)」~クルーゾーが整形手術をして大活躍。
ピンク・パンサーの息子(1993年)」~クルーゾーの隠し子が巡査として活躍。
亡くなっても3作が製作されるほどの人気作品ですね。

その後、2006年には新作「ピンク・パンサー」がリメイクされました。
最後にあの有名なテーマ曲は、巨匠ヘンリー・マンシーニです。

私事ではありますが、平成6年から6年間、福山市郊外において洗車場を営業させていただきましたが、その洗車場の名前が「ピンク・パンサー」でした・・・・・・。

♪ピンク・パンサーのテーマ曲♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2008-09-12 01:43 | 映画&TV | Trackback | Comments(2)