1枚のレコードから~22才の別れ(風)

a0082865_0555470.jpg今日の1枚は、1975年発売の風「22才の別れ」です。

「かぐや姫」の伊勢正三が、「かぐや姫」解散後に、元「猫」の大久保一久と作った「風」のファースト・シングル盤。
「かぐや姫」在籍中に作り上げたこの曲ですが、アルバムにはありましたがシングル発売はしてなく、「風」を結成してリリースされることになりました。

正直言って、数あるフォークソングの中でこの「22才の別れ」が私の好きな曲の1曲なんです。
物悲しい曲調に、哀愁を帯びたギター音、愛し合った日々、そして別れ・・・・歌詞の内容がいいですね。
ただこの歌詞をよく読むと、女性が目の前の幸せのため心変わりして他の男性と結婚をする、そして別れた男性には、気持ちはこのままであってほしい・・・・・少しわがまますぎないか。

のちに大林宣彦監督でこの「22才の別れ」が映画化となりました。

060.gif22才の別れ



ユーログラス工房エミヤ~Yahooストア店
ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2009-10-15 00:53 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/9104987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かんちゃん at 2009-10-15 19:22 x
サーカスの次は『風』ですか、いいですねぇ。長男くんはただ一言「昭和だね」。
「トパーズ色の街」や「海風」もいいですよね、というよりもそれくらいしか無かったかな…?「海風」の出だしをギターで弾いていたのを思い出します。
Commented by 123123ta at 2009-10-16 00:52
こんばんは、かんちゃん。昨日に引き続いてのコメント有難うございます。
「海風」は知っています。
ちょっとROCK風のイントロがいいですね。
この曲はロサンゼルスでの録音のためか、若干ウエストコースト調の曲調になっていますね。
確かにイントロのギターはカッコいい!