1枚のレコードから~ドンナ・ドンナ(ジョーン・バエズ)

a0082865_194151.jpg今日の1枚は、1961年発売のジョーン・バエズ「ドンナ・ドンナ」です。

昔から「ドナ・ドナ」で聞き慣れていたのですが、レコードに「ドンナ・ドンナ」とクレジットされいるので「ドンナ・ドンナ」としてご紹介いたします。

この曲はジョーン・バエズが歌う遥か以前に歌曲として歌われていた曲を、ジョーン・バエズが歌って大ヒットしました。
小・中学校の音楽の時間に日本語で『あ~る~晴れた~昼下がり~、市場~へ続~く道~・・・』と歌っていませんでしたか?
ゴトゴト走る荷馬車に子牛が乗せられ売られていく、何と悲しい曲でしょうか。
この歌詞と、物悲しくせつないメロディーがやたら頭に残っています。

この歌詞には色々な歴史的諸説があるそうですが、ユダヤ人のこの曲の作詞者だったか忘れましたが、ドイツで彼の妻と子供が収容所へ連れて行かれた時の事を詩に書き、その家族を子牛にたとえて書かれたそうです。
ジョーン・バエズの透き通るような声が何ともいえず、物悲しさが伝わるような気がします。

♪ドンナ・ドンナ♪



ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2009-01-30 01:13 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/7873826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 蓼食う虫もスキヤキ at 2009-01-30 06:46
タイトル : ドンナ・ドンナ
45S-238-Y  日本コロムビア 370円 A面 ドンナ・ドンナ B面 キャッチ・ザ・ウィンド 『英国の吟遊詩人』ドノヴァンの1966年の10月に発売されたシングル「ドンナ・ドンナ」です。 ジョーン・バエズさんの澱みなく美しいバージョンとは趣を異にする、ゴツゴツとした手触りのプリミティヴな味わい。歌詞もちょっとだけ変えて歌われています。 イントロはAm→Eを4回繰り返して [Am]オンナ[E]ワーゴン [Am]バウンフォ[E]マーケッ [Am]デアザ[F]カーフウ...... more
Commented by mokki_h at 2009-01-30 06:54
おはようございます、クラムボンです!
「ドンナ・ドンナ」何とも物悲しくていいですよね。それで最初はこの「ドンナ・ドンナ」を収録したジョーン・バエズさんのコンパクト盤で!と思ったのですが、ここはひとつひねってドノヴァン版の「ドンナ・ドンナ」でトラックバックさせていただきました。ドナドナドナドーナ ドナドナドーナード♪
Commented by 123123ta at 2009-01-30 13:40
こんにちは、クラムボンさん!コメント&TBありがとうございます。
私も、以前からドノヴァンの「ドンナ・ドンナ」を書こうと思っていたのですが、レコードを持っていなかったので今回はジョーン・バエズにしました。
その昔、「バラバジャガ」を聴いてドンヴァンを知った私ですが、そのドノヴァンが「ドンナ・ドンナ」を歌っていたことに衝撃を受けた事を思い出します。