1枚のレコードから~ヤング・ワン(クリフ・リチャード)

「春眠、暁を覚えず」とはよく言ったものだ。
一日中、眠たくてたまらない・・・・・・嫁さん曰く、あなたは「春夏秋冬、暁を覚えず」~~~当たっているかも・・・・・。

a0082865_031315.jpg今日の1枚は、1962年発売のクリフ・リチャード「ヤング・ワン」です。

この曲は1961年公開の映画「若さでぶつかれ」の主題歌で、イギリスではもちろん日本でも大ヒットしました。
ソロ・シンガーとして活躍をしていますが、シャドウズをバックバンドに活動をしていました。
ソロ・デビュー以前は、彼もシャドウズ(当時はドリフターズ)に在籍していました。
クリフ・リチャードはイギリスでは絶大な人気でこの曲を含めて1位を数多く獲得していますが、アメリカではイマイチ。
特にイギリスでは、1968年にビートルズ「レディ・マドンナ」を蹴落として「コングラッチュレイションズ」が1位になっています。

最近はあまり名前を聞きませんが、還暦を過ぎた今でも音楽活動をしているそうです。

♪ヤング・ワン♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2008-04-22 00:32 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/7032473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 駒草出版 at 2008-04-23 19:21 x
突然の書き込み、まことに恐縮です。駒草出版の編集部から、ギターをこよなく愛する皆様にお知らせです。
この度、日本を代表するギターコレクター季田佳丸氏の、膨大なヴィンテージ&ビザールギターコレクションを豪華写真集『The Electric Guitar Collection』にまとめ、世界2,000冊限定で出版いたします。
地球上に1本しか現存しない1958年製のグレッチ・ホワイトジェントルマンをはじめ、極めて貴重なギターを多数収録。詳細は、特設サイト http://www.guitar-collection.jp でご確認ください。収録ギターリストを一度ご覧いただければ、この希少価値をお分かりいただけると思いますので、ぜひチェックしてみてください。
数量限定のため、ギターを愛する皆様へいち早くお知らせしたく、書き込みをさせていただきました。もしご不快でしたら大変お手数ですが、削除していただきたく存じます。それでは失礼いたします。