人気ブログランキング |

1枚のレコードから~美しきチャレンジャー(新藤恵美)

a0082865_0124551.jpgあっという間の1ヶ月、今日から2月! つい先日お正月だったのに・・・・・早い!

今日の1枚は、1971年発売の新藤恵美「美しきチャレンジャー」です。

覚えていますか!1971年の日曜日放映のTVドラマ「美しきチャレンジャー」、プロボウラー(新藤恵美)が、どうやってパーフェクトを出せるか・・・・達成するまでの苦悩と活躍を描いたスポ根ドラマ・・・・・・・その主題歌です(歌はイマイチですが)。
大人気の中山律子プロ、その他人気プロ・ボウラー達もゲスト出演していました。

当時は爆発的なボウリング・ブーム。
テレビでもやたらボウリング番組、私もよくボウリングへ行ったものでした。
待ち時間1~2時間は当たり前、ひどい時は3時間以上も待ったことがありました。
最近も時々行っていますが、受付と同時にすぐ投げられます。(こうでなくっちゃぁ~)

参考までに、当時はやたらとスポ根ドラマが多かったようです。
この「美しきチャレンジャー」の前番組が「アテンション・プリーズ(主演:紀比呂子)」、これもスポ根じゃあないけれど、田舎娘が国際線スチュワーデスになるまでを描いたドラマ・・・・・・これもよく見た。
他にも調べたら「柔道一直線」「サインはV」「ガッツジュン」「金メダルへのターン」「決めろフィニッシュ」等あった。

♪美しきチャレンジャー♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ

by 123123ta | 2008-02-01 00:15 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(14)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/6741752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ボウリングの無料オンライ.. at 2008-02-02 01:53
タイトル : ボウリングの無料オンラインゲームをやろう!
無料のボウリングオンラインゲームを探しているならココ!登録してスグに遊べる。オンラインの世界でトップを目指せ... more
Commented by チャーリー777 at 2008-02-01 16:46 x
こんにちは、団塊世代のチャーリー777です。
この番組、見てましたよ。
時はボウリング・ブーム真っ只中、猫も杓子もボウリング。
その中でのボウリング・ドラマ、毎週楽しみに見ていました。
私も、MYボールを持って休日には必ずパーフェクト(?)を目指して行っていました。
そして中山律子プロの大ファンでした!
Commented by 123123ta at 2008-02-02 00:29
こんばんは、チャーリー777さん。
あの頃は、すごいボウリングブームでしたね。
地元でも何軒ものボウリング場があったのですが、ブームの陰りとともにだんだんと無くなり最後は2~3軒になってしまいましたが、最近はまた数軒になっています。
今では年に1~2回ほどしか行っていません、行った翌日から筋肉痛で・・・・。
Commented by いちプロ at 2008-02-02 15:38 x

「美しきチャレンジャー」と「金メダルへのターン」には共通点がございます。<わかります?>
実はどちらも、堀江美都子さんが歌った版があるということです。
「金メダルへのターン」の場合、後半から堀江さんの歌に変わった
はずです。「美しきチャレンジャー」も同じケースかもしれません。
主題歌の場合、長くなじんできたのに、他の人の歌に変わると
違和感があるようで、堀江版をあまり評価しない人もいますが、
それはそれとして、当時 14歳くらいであった堀江美都子さんのヴォーカルは、歌手として完成された1976年頃と較べると、
やや声が硬いですが、ヴォーカルとしては、なかなか見事です。

そういえば堀江さんは、他にも「一球さん」(一休ではありません)の
EDテーマとか、<燃えろアタック>のOPテーマとか、
アニメ版の<野球狂の詞>の「勇気のテーマ」とか、スポーツものもけっこう歌ってます。

「勇気のテーマ」って曲も素晴らしいし、彼女の歌も素晴らしいんですよ。機会があればお聞きください。(勇気って、水原勇気のことですよ!)
Commented by 123123ta at 2008-02-02 23:25
こんばんは、いちプロさん。
当時は、主題歌が変わっても全く気にしてなかったし、またあの堀江美都子さんが歌っていたとはビックリです。
私の知り合いで「堀江美都子」さんの熱狂的信者(?)がいて、よく堀江さんの話を聞かしてもらいました。
アニメ界では、「堀江美都子」さんは凄い存在なんですね。
Commented by いちプロ at 2008-02-03 00:53 x

そうですねえ、堀江美都子さんは<アニメシンガー>として、
というよりも歌手として凄い人だと思います。アニメ以外のところで
はあまり活躍されません。彼女の実力と人脈があれば、テレビ出演の機会も多いと思いますし、またそういうお誘いもあるんですが、彼女の方であまりそういう分野に進出したくないようです。
NHKも1999年に<スタジオパーク>に出演されて以来
(BSには出演されてますが)、総合テレビには出演されていません。
おそらく歌番組に出演してアニメソングメドレーでも歌えば、他の歌手はビビるでしょう(笑)。
50歳にして声や唱法がほとんど劣化していないのも素晴らしいと
思います。
ハイトーンを生かしたチャーミングな歌い方と、SF物などでの
パワフルな歌い方を別人のように(ほんとうに別人みたい)使い分ける技も凄いです。

「youtube」「ニコニコ動画」でたくさんupされております!
Commented by 123123ta at 2008-02-03 01:30
私が「堀江美都子」という名前を知ったのがアニメ「キャンディキャンディ」でした。それも大ファンの知り合いからの話で。
知り合いファンいわく「アニメソングのレコード売り上げは、ちょっとした歌謡ヒット曲をしのぐ売り上げ枚数なんだ!」
確かに「キャンディキャンディ」なんかはミリオンセラーだったらしい。
レコード・メーカーにとってアニメソングとか子供向きの曲(童謡他、学芸関係)は、ちょっとしたヒット・アイテムらしいですね。
Commented by いちプロ at 2008-02-03 02:34 x
「キャンディ キャンディ」は1976年、堀江さんが19歳の時の録音で、120万枚くらいの売り上げだったそうです。ただ残念ながらレコードのジャンルのちがいで、いわゆるヒットチャートには載らない
ようですね。

「キャンディ キャンディ」は大作曲家の(故)渡辺岳夫さんの代表作のひとつです。有名なOPテーマだけではなくエンディングテーマの
<あしたが好き>も不滅の名曲です。正直いって
OPテーマは、ある程度は歌の歌える歌手ならば、そこそこ歌えると
思いますが、<あしたがすき>はスローテンポのシンプルな曲調
であるだけに、よほどの実力がある人でなければ歌いこなすことは難しいと思います。むしろこちらの方が彼女の実力がわかると
思います。
Commented by 123123ta at 2008-02-03 12:12
渡辺岳夫さんは、「巨人の星」の作曲者ですよね。(この曲に関しては、学生時代ブラスバンド部にいたので、楽譜の上に書いてあった作曲者をなぜか覚えているのです)
渡辺さんは結構アニメソングを作られているんですね。
アニメソングの重鎮といったところですか・・・・・。
Commented by いちプロ at 2008-02-03 17:56 x
渡辺岳夫さんはアニメソング以外でも名曲を書いてるんですよ。フジテレビで放送された「大奥」(1968)のあの印象的なワルツ調の主題曲、田宮二郎さん主演の、あの「白い巨塔」

もちろん「アルプスの少女ハイジ」「機動戦死ガンダム」「天才バカボン」「アタックNO1」「魔法のマコちゃん」「好き好き 魔女先生」
「フランダースの犬」のようなアニメソングの名曲もたくさん
書いています。

「思いっきりテレビ」の<今日は何の日>でも二年ほど前の渡辺さんの命日に、彼のことが紹介されました。

「暴れん坊将軍」「ドラえもん」「ドクタースランプ アラレちゃん」
「仮面ライダー」の菊池俊輔さん、

「マジンガーZ」「サザエさんのうた」(火曜日の)
「秘密戦隊ゴレンジャー」「野球狂の詩」などの渡辺宙明さん

それに渡辺岳夫さんを加えた三人は、まあ劇音楽の分野の三大作曲家でしょう。これに小林亜星氏を加えて四大作曲家にする人もいますけど。
Commented by 123123ta at 2008-02-03 23:51
コメントにあるアニメタイトルを見ると渡辺岳夫さんという方は凄い方ですね。
昔、何気なくよく見たアニメ・TVドラマの曲って、渡辺岳夫さん、菊池俊輔さん、渡辺宙明さんの作品だったんですね。
小林亜星さんはCM・TV主題歌を多く作られているのは知っています。
Commented by mokki_h at 2008-02-05 00:47
こんばんは、クラムボンです!
懐かしいですわ「美しきチャレンジャー」☆ ほんとスポーツもののテレビドラマばっかりでしたよね。一条直也もジュンサンダースも藤間紫さんの息子さんも梅田智子さんも、どれもみんな夢中で見てました!
Commented by 123123ta at 2008-02-05 01:11
クラムボンさん、いつもお世話になっております。
クラムボンさんも見られていたんですね。
この頃のテレビドラマは、スポ根ドラマ・学園ドラマ等が盛んで、それを必死で見ていた自分を思い出します。
当時のドラマはストレートで面白かったですよね。
Commented by 不二家の時間の放送ですね at 2012-05-04 19:43 x
不二家の時間はポパイオバQだとか
サインはVとか結構何でもありです
Commented by 123123ta at 2012-05-06 23:53
コメント有難うございます。
そう言えば、そのころの時間帯って「不二家」のCM、そして「武田製薬」のCMがあったような気がします。
我々少年時代(昭和30年代)の日曜午後6時~8時のテレビは、超ゴールデンタイムでした。