人気ブログランキング |

1枚のレコードから~悲しきインディアン(ソニー・ジェイムス)

1枚のレコードから~悲しきインディアン(ソニー・ジェイムス)_a0082865_085454.jpg今日の1枚は、1969年発売のソニー・ジェイムス「悲しきインディアン(Running Bear)」です。

この「悲しきインディアン」は1960年にジョニー・プレストンで全米№1になった曲ですが、9年たった1969年においてもソニー・ジェイムスが歌って全米№1に輝いています。

曲の内容は、お互いに対立するインディアン族の若い男と、娘の悲しい物語。
曲も、イントロからインディアンらしい曲調で始まっています。

原題は「Running Bear」、邦題が「悲しきインディアン」、日本のオールディーズ曲にはやたらと「悲しき〇〇」というタイトルが多いですね。
日本でもこの「悲しきインディアン」を平尾昌章森山加代子ジェリー藤尾らが歌ってヒットさせています。ジェリー藤尾にいたっては、この曲がデビュー曲になっています。

♪悲しきインディアン♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ

by 123123ta | 2007-12-10 00:13 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/6543384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いちプロ at 2007-12-10 00:53 x


ソニー・ジェームスは、もっと前に「ヤングラブ」という
ヒット曲があるんじゃないですか?
タブ・ハンターのもヒットしたと思います。

「悲しき・・・」という邦題の最初は、ヘレン・シャピロの
「悲しき片思い」からだという人がいますけど、どうなんでしょうかねえ?

だいたい戦前から「悲しき子守唄」とかそういう流行歌が多いんですよね。
美空ひばりさんの「悲しき口笛」とかもあります。
Commented by 123123ta at 2007-12-10 01:13
こんばんは、いちプロさん。
たった今、YouTubeで「ヤング・ラブ」を聴いてみました。
1957年となっていましたので、かなり前ですね。しかしバラード調のいい曲ですね。(この曲は知りませんでした)
言われてみれば、日本にも「悲しき〇〇」の題名がたくさんありますね。(それも結構ヒット曲が多いですよね)