1枚のレコードから~プラウド・メアリー(アイク&ティナ・ターナ)

a0082865_061031.jpg今日の1枚は、1971年の発売のアイク&ティナ・ターナ「プラウド・メアリー」です。

「プラウド・メアリー」、ご存知CCRで大ヒットした曲です。
CCRのカントリー・ロックと違い、アイク&ティナ・ターナはソウルフルでパワー溢れる曲になっています。
ライブ盤では、低音ぎみの歌声から喋りのような歌になり、ブラスが入ったところでアップ・テンポになり盛り上がっていきます。
このシングル盤を聴いても、ダイナミックさがヒシヒシと感じ取れます。
B面の「ゲット・バック」、これもザ・ビートルズの曲のカヴァーですが、実にパワフルです。

ご主人のアイク(ギター)とボーカルのティナとのコンビはすごいと思っていたのですが、1976年に、アイクの暴力、ドラッグ等が原因で別れ、ソロとしてティナは頑張っています。
E・クラプトンとも「Tearing Us Apart」で競演していましたね。

このアイク&ティナ・ターナのライブを初めて見たのが、もう30年以上前に映画「ソウル・トゥ・ソウル」。
1971年にアフリカのガーナでの10万人を集めてのライブ映画、まるでウッドストックのアフリカ版・・・・・。
あまり記憶に残っていませんが、アイク&ティナ・ターナの他、ウィルソン・ピケットの「ダンス天国」、サンタナの「ブラック・マジック・ウーマン」は覚えている。
ティナ・ターナは還暦を過ぎた今でも超ミニ・スカートでステージに立って歌っている・・・・・拍手!!

♪プラウド・メアリー♪


ユーログラス工房エミヤ  ふくやま暮らしんぼ
[PR]

by 123123ta | 2007-10-12 00:14 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://emiya626.exblog.jp/tb/6296318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Gibson at 2007-10-12 18:26 x
ご無沙汰しておりますGibsonです。
私も30数年前に映画を見ました。覚えているのは、サンタナのブラック・マジック・ウーマンだけ。
メインのアイク&ティナ・ターナも何を歌ったのか覚えていません。
ウッドストックと比べてモノ足りなかった。
Commented by 123123ta at 2007-10-12 21:22
こんばんは、Gibsonさん。
<ウッドストック>映画を見て、「同じような映画がまた来るぞ」と言われて見た映画がこの<ソウル・トゥ・ソウル>でした。
当時、ギター小僧だった私にとってイマイチだったという記憶です。
当時の私は音楽の好き・嫌いがハッキリしていたので・・・・。
その中でサンタナはよかった!・・・・・と言う印象の映画でした。