人気ブログランキング |

エマーソン・レイク&パーマー~後味の悪いコンサートでした・・・

エマーソン・レイク&パーマー~後味の悪いコンサートでした・・・_a0082865_23483651.jpg

ROCK一本でクラシックに全く無縁だった自分をほんのわずかにその世界に入れてくれたのが「エマーソン・レイク&パーマー(EL&P)」
ムソルグスキーの交響曲「展覧会の絵」をアレンジして発売されたEL&P「展覧会の絵」は聞き応えがあります。

1972年7月、あの阪神甲子園球場でのEL&Pの初来日のコンサート(甲子園の前に後楽園球場でコンサート)。
前座の「FREE」に続いてメインの「EL&P」
コンサートも思った以上に迫力のあるコンサート、目当ての「展覧会の絵」すばらしかった・・・・・途中まで。
コンサートの途中、一部の暴動化したファンがフェンスを乗り越えグランドへ・・・。
制止に入った警備員と大モメ、フェンスはなぎ倒す、目の前でファンと警備員の殴り合い等々、主催者側が事態を重く見て電源を切りコンサートは途中で中止。そのため余計にファンは大暴れ、中止は中止。(ハイ、それま~で~ヨ~!)
実は翌日、この甲子園球場でプロ野球の「オールスター戦」があるため球場を壊されないように早めの手立てをとったそうで・・・・・。(甲子園の前の後楽園でも機械トラブルでコンサート途中で中止になったそうです)

東京、大阪のどちらも後味の悪いコンサートでした!!

ただひとつのとりえが、前座の「FREE」、この「FREE」だけでも十分にコンサートが出来るのに前座とは・・・・・。その「FREE」の名曲「ALL RIGHT NOW」の生が聴けた事が唯一の救いでした。

エマーソン・レイク&パーマー~後味の悪いコンサートでした・・・_a0082865_0174995.jpg

by 123123ta | 2006-09-14 00:26 | 音楽